防水効果を維持させたいなら定期的なお手入れが必要です

大切な家や家財を守るため~屋上防水でできる雨漏り対策~ 大切な家や家財を守るため~屋上防水でできる雨漏り対策~

改修工事後の屋上防水を長持ちさせる方法とは?

屋上防水の改修工事を行ったら、少しでも効果を維持させたいと誰もが思うものです。屋上防水を長持ちさせて、建物や家財、健康を守るにはどうしたら良いのでしょうか。長持ちさせるポイントをチェックしてみましょう。

やっぱり重要なのは定期的なメンテナンス!

雨と屋根

やはり定期的なメンテナンスが重要です。メンテナンスと言っても、専門の道具が必要なわけではなく、大切なのは掃除をすることです。大抵の屋上の端には「ルーフドレイン」と呼ばれるお風呂の排水口のような部分があります。ルーフドレインがうまく機能するように、ゴミや土埃、枯れ葉などをきちんと取り除いておくことが大切です。また、防水材の上に長期間水たまりのようになっている状態も劣化を早めます。水が溜まる箇所がある場合は、デッキブラシなどで水をはけさせておきましょう。

屋上防水を長持ちさせる秘訣

防水層に異常がないか目視で確認する
やはり、屋上防水の改修工事を行ったからそれで終わりというのではなく、日常から意識することが重要です。年に1度は屋上のチェックをしてひび割れなどの異常がないか目視で確認しましょう。異常を見つけたら早めに専門業者に相談しましょう。
専門業者による防水健康診断を受ける
専門業者では、屋上の防水機能に異常がないかをチェックする防水健康診断を行っている場合があります。早めに異常を見つけてケアすることで費用を抑えながら機能を長持ちさせることができるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

保証などのアフターフォローの確認も忘れずに!

防水工事は、元請け会社や施工業者、防水層の材料メーカーで「防水工事保証制度」が設けられています。保障期間は一般的に自然災害や天災、事故を除いて最長10年です。その間も定期的なチェックをしておかなければ劣化の過程を知ることはできません。工事後も時々状態をチェックすることが大切です。また、保証期間があるにも関わらず、定期点検や補修を行ってくれない業者も中にはあります。屋上防水を依頼する際には、アフターフォローのきちんとした業者を選ぶことが大切です。

TOPボタン