屋上防水工事を実施する際に覚えておきたい改修工事のフロー

大切な家や家財を守るため~屋上防水でできる雨漏り対策~ 大切な家や家財を守るため~屋上防水でできる雨漏り対策~

改修工事ってどうやるの?

屋上防水の改修工事はあまり頻繁に行なうものではないので、作業工程のイメージが湧かないという人も多いのではないでしょうか。イメージしやすいように、改修工事がどのように進むのか、順を追ってプロセスをチェックしてみましょう。

改修工事のプロセス

高圧洗浄で下地の汚れを落とす

屋上や屋根部分には、長年の汚れやコケなどがあることがほとんどです。まずは高圧洗浄装置で、高圧水を噴射して汚れをキレイに取り除きます。この作業を行わないまま改修工事を施してしまうと、新しい防水層がきちんと密着できません。

劣化した下地の処理を行なう

下地の汚れが取れたら、次に、古い下地部分の劣化した箇所を補修します。ひび割れなどが起こっている場合は、コーキングやカチオン系モルタルで補修を施します。下地の補修処理を怠ると、水漏れの原因になるので、大変重要な工程です。

脱気筒取り付け・シート張りを行なう

シートを全面に貼り付け、新しい防水層が追従できるようにします。塗膜防水を施工する場合には、中の湿気を外へ逃がすための「脱気筒」の取り付けも同時に行います。脱気筒を取り付けずにウレタンなどの塗膜防水をすると、湿気で膨れができることがあります。

防水層の施工をする

下地の処理や脱気筒の取り付けなどが全て済んだ後、新しい防水層を施工します。ウレタン防水の場合は防水層の2回施工する必要があります。シート防水の場合は端末の処理が難しいので技術のある施工業者に依頼することをおすすめします。

耐久性のあるトップコートで仕上げをする

防水層の施工をするだけでも十分ですが、仕上がりをキレイにし、さらに耐久性を上げるためにトップコートを塗り重ねます。トップコートを塗ると、輝きが断然違います。作業は靴跡が付きやすいので、裸足で施工する業者もあります。

完成

作業工程が全て終わると、屋上防水は完成です。防水工事はトップコートが激しく劣化すると、次に改修工事をする際に費用も時間もかかりがちです。トップコートが劣化しすぎないうちに改修工事を行なうことをおすすめします。

TOPボタン