工法の種類を見極めることで屋上防水を最適化できます

大切な家や家財を守るため~屋上防水でできる雨漏り対策~ 大切な家や家財を守るため~屋上防水でできる雨漏り対策~

屋上防水の工法について知ろう!

雨

屋上防水の改修工事をする際には、使う素材によっても、特徴や仕上がりの見た目、工法が違います。自分が希望する仕上がりを実現するためには、最適な工法を見極める必要があります。まずはそれぞれの違いについて確認してみましょう。

最適な工法を見極める

ウレタン防水って何?
防水層が軽量なので建物への負担が少なくて済むのが大きなメリットです。複雑な納まりにも対応することができ、継ぎ目のない防水層に仕上げることができる特徴があります。定期的なメンテナンスを行なうことで、長期にわたり紫外線からのダメージを防ぐことができます。近年の屋上防水の改修工事では最も人気のある工法です。
ゴムシート防水って何?
ビルやマンションなどの屋上防水の改修工事で施工されることが多いのがゴムシート防水です。ゴムのシートを接着剤などで貼り付けて固定する工法で、比較的費用を抑えることができ、工期も短めで済むのが特徴です。角や端末の処理(納まり)が難しいので、改修工事を成功させるには、技術や実績のある施工業者に依頼することが重要です。
塩ビシート防水って何?
シートを接着剤などで貼り付けて固定する工法自体はゴムシート防水と同じですが、塩ビシートの方がゴムシートよりも施工性や耐久性があります。シートとシートの継ぎ目には薬品や熱を用いて一体化させる処理を施します。仕上がりが美しく、防水工事を施工したときの鮮やかな色を長期間保つことができる特徴があります。
FRP防水って何?
圧倒的な耐酸性があり、紫外線や酸性雨にも強いのがFRP防水です。ガラス繊維で補強されているので、軽量なだけでなく強度が高いことも特徴です。工期が短い工法のうちの一つです。耐久性や耐候性は優れているのですが伸縮性がないため、劣化した場合にはひび割れを起こすことが多いという点で注意が必要です。

TOPボタン